理学療法士とは

理学療法士とはリハビリテーション職の一つとされる職業です。 国家資格の一つであり、患者が自立した日常生活を送ることができるように支援する医学的なリハビリテーションの専門職とされています。 理学療法士の専門分野を一言で表すとすると、動作の専門家といえます。 日常の生活を営むには寝たり、起きたり、起き上がったり、歩いたりといった動作を必要とします。 健康な体であるならこうしたことは意識することなく簡単に行うことができますが、いざ運動機能が低下してしまうと 専門的に関節の稼働や筋力強化、麻痺の回復、痛みの軽減等に対処しなければいけません。


こうした、基本的な動作の中にも複雑な動作がかかわりあう人体の仕組みを熟知し、 必要な動きを回復させるために必要なリハビリの方法を教え、ともに行って行くのが理学療法士のメインとなる仕事です。 一人一人どのようなリハビリが必要とされるのか、医学的、社会的視点から個々の身体能力や生活環境なども考慮して 独自に最適なプログラムを構築する必要があります。


今後高齢者支援や、障害のある方へのサポートの側面でも大いに活躍が期待されている理学療法士は とても注目されている国家資格の一つといえます。 では、どうすれば理学療法士になることができるのでしょうか。 また、理学療法士として具体的にどのような職場で活躍することができるのでしょうか。 このような理学療法士の気になるいろいろな面を取り上げてみましょう。


◇理学療法士関連サイト◇
立派な理学療法士になるために専門学校に通うことも大事です。理学療法士が取得できる歴史ある専門学校です ・・・ 理学療法士